TOP >表面加工の種類

表面加工の種類

製品化された木材の最終の表面仕上げは、主に以下の3つとなっています。

サンダー仕上げ

サンダー仕上げは、主にフローリング羽目板の仕上げに用いられる方法です。
プレナー仕上げ済みの化粧面を、低粒子のサンドペーパーで0.1~0.3mmほど研磨します。
刃物跡が取れて削りムラを無くし、さらりとした優しい感触に仕上がります。
超仕上げのようなツヤ感はなく、マットで上品な見た目です。
また、塗料を塗る場合は、塗りムラを無くし、塗料が浸透しやすくなる効果があります。
サンダー仕上げ
サンダー仕上げ
↑光沢はありません↑

超仕上げ(超かんな仕上げ)

超仕上げは、主に造作材の仕上げとして用います。
プレナー仕上げ済みの化粧面を、かんなを用いて鏡面状になるように仕上げます。
美しくツヤのある仕上がりで人気の超仕上げですが、 板目で幅の広い製品では
木目がケバ立つこともあるため、弊社のフローリング・羽目板はサンダー仕上げとなっております。
超仕上げ

プレナー仕上げ(モルダー仕上げ)

プレナー仕上げは、鋸刃によって裁断されて表面がざらついた状態の木材を、
「モルダー」と呼ばれる機械に通して、表面を平滑に整えた状態です。
主に柱などの構造材の仕上げとして用いられます。
表面に刃の跡がうろこのように残っていますが、見えない場所に用いる場合や、
現場で改めて仕上げや塗装を行う場合は問題ありません。
プレナー機の写真
この整える作業は、プレナー加工と呼ばれます。
モルダーを通す際、木材は1mm以下の精度で削り出され、
床材や壁材など製品の形に成形されます。
通す機械の名称から、プレナー仕上げは「モルダー仕上げ」とも呼ばれています。

吉田製材 電話番号 吉田製材 FAX 吉田製材Facebookページ吉野桧について 奈良県地域認証材 JAS認定事業者 JAS認定事業者 吉田製材のこだわり 木材について
木材の等級
加工・仕上げの種類
木材の含水率
木材の人工乾燥
フローリングの取扱い
施工後のお手入れ
メンテナンスについて
工場見学工場外観吉田製材カタログ吉田製材 楽天店 ひのきや杉と桧の専門店
吉田製材 電話番号 吉田製材 FAX フローリングの取扱い 吉田製材Facebookページ吉野桧について
吉田製材 楽天店 ひのきや杉と桧の専門店