TEL.0744-42-2124
受付:平日9:00~17:00
木材の等級とは メインバナー

木材の金額は、樹種、等級(グレード)、サイズ、部位、産地、希少性など、様々な要素によって決められます。
吉野桧・吉野杉はすべて奈良県吉野産ですが、等級とサイズ、部位によって、その金額はばらばらです。

同じサイズと部位であっても、等級によって金額は大きく変わるため、予算や使用する場所・方法などに応じた等級の木材を選ぶことが大切です。

吉野の桧・杉の等級は、主に節の数と大きさによって決められています。
これは基本的に、フローリングや羽目板といった内装用の板材、巾木や廻縁などの造作材、構造材や化粧柱といった柱材など、全ての部材共通の考え方です。
節の無さは吉野材の特徴ではありますが、吉野の桧・杉全てに全く節が無いわけではありません。

吉野桧・吉野杉の等級の基本(共通)

等級 イメージ 内容
無節 吉野ヒノキの無節・節なし 無節(むふし)の木は、育てる際に人の手が非常にかかったものであり、手をかければ必ずしも無節になるとも限らないため、昔から高級材として珍重されてきました。
節を基準とした等級付けでは、最も上の等級として扱われます。
仏間や応接間、玄関など、人の目が多く触れたり、建物の中でも格上とされる場所で長く使用されてきました。
また、節が無いために節あり材より強度が高く、水にも強いとされています。
上小節 吉野ヒノキの上小節 次に高級とされるのが、上小節(じょうこぶし)と呼ばれる小さな生き節です。
節ではありますが、直径6mm程度と小さく、あまり目立つことはありません。
予算や格の理由から無節を使うほどではないものの、無節に近い見た目を求める場合によく用いられます。
小節 吉野ヒノキの小節 その次が、小節(こぶし)と呼ばれる、直径20mmくらいまでの生き節・詰節です。
小節の詰節は、死に節・抜け節だった節の部分に機械で穴を開け、穴と同じ大きさの「埋め木」という木のパーツをはめて補修したものです。
もし補修をしなかった場合、死に節・抜け節の部分の見た目が汚いだけでなく、木本体から外れてしまった節が落ちてしまう可能性があるからです。
枝打ちを行う吉野林業では無節を取りやすい反面、枝打ちに間に合わず木が内側に取り込んでしまった枝が、死に節・抜け節となってしまうため、このような詰め節の作業は必須となっています。
節あり 吉野ヒノキの節あり・一等 最後に一番下の等級が、節あり(一等)と呼ばれる等級です。
小節同様に埋め木が行われますが、小節より大きな生き節や詰め節が多数存在します。
等級としては最も低いものですが、目に見えない場所に使う構造材や下地材、ウォークインクローゼット、子供部屋などでよく使用されます。。

上記が、木材の等級を決める際の基本となる内容です。
これをベースとした上で、部材によって等級のつけ方や表記方法はそれぞれ異なります。
フローリングや羽目板といった内装用の板材、巾木や廻縁などの造作材、構造材や化粧柱といった柱材の主な3つの部材の等級について、これから説明していきます。

柱材の等級

4面それぞれの節の大きさ・数で、柱材の等級は決められます。

4つの面(木口側を除く)を持つ柱材では、それぞれの面にある節の状態で等級を定めます。
最上級は、全ての面に節の無い「四面無節」。最も下の等級が、全ての面に大きな節の入った「四面節あり」です。

無節や上小節の面を含む柱は、それらの面が人目に触れる面(=化粧面)であることを前提にして使うものが一般的で、「化粧柱」と呼ばれます。
化粧柱は、人目に触れる面の数に応じて、「三面無節」「二面無節・一面上小節」「四面上小節」など、様々な等級が存在します。
この場合、特に等級の指定が無い面に関しては、節ありであることが一般的です。
四面節あり(節材)は、目につかない場所に使う構造材として主に使用されます。
※柱材は全てプレナー仕上げです。

化粧面の取り方と等級の書き方(一例)

三面無節・三方無節

三面無節

四面中の三面に節がありません。
残り一面は「節あり」で、大小多くの節があります。
「三方無節」や略して「三無」などとも呼ばれます。
二面無節・一面上小節

二面無節・一面上小節

四面中の二面に節が無く、一面は上小節でごく小さな節が入ります。
残り一面は「節あり」です。
「二面無節」よりも上級品の扱いになります。
一面とチリ

一面と散り

面全体でなく、散り(角の両面部分)を化粧面として、等級を指定する場合があります。和室の真壁(しんかべ)に用いる際は、一面とチリ部分が表に出るため、上の図のような指定の仕方になります。
チリ

散り

面には等級を指定せず、散り(角の両面部分)にのみ等級を指定することもあります。
柱の面全体は表に出ず、散り部分のみ見える場合に用います。
ご注文時は散りの幅をご指定ください。

フローリングと羽目板の等級

フローリングとの等級は、木表側の一面の節の大小・数によって定められます。

等級を判断する基準となる面は木表側のみで、木裏側は対象になりません。
木裏は節あり(補修なし)を前提とし、サンダー仕上げを行う木表側とは違い、プレナー仕上げの状態が最終です。
厚み30mmの厚物フローリングに限り、追加料金で木裏側の補修・サンダー仕上げを承ります。
※フローリング、羽目板共に、木裏側には反り止め用の溝加工がされています。

フローリング 無節

無節

木表側に節が一切ありません。

フローリング 無節特選上小節込

無節特選上小節込

基本は無節ですが、直径6mm程度の生き節が稀に入ることがあります。
フローリング 特選上小節

特選上小節

直径6mmくらいまでの生き節が入ります。
上小節~小節

上小節~小節

直径20mmくらいまでの生き節と詰節が複数入ります。
節あり

節あり

大小の生き節・詰節がたくさん入ります。

造作材(モールディング)の等級

造作材の等級は、「無節」と「無節特選上小節込」の2種類のみです。

造作材は薄く細いものが多いため、小節以上の大きさの節が入った木を材料として加工した際に、節の部分が砕けたり折れたりしてしまいます。
また、埋め木の厚みより造作材の厚みの法が薄いため、詰節をすることもできません。
そのため、造作材に用いる材料の等級は、無節と無節特選上小節のみとなっております。
オーダーメイドの造作材をご注文の際も、使用できる等級は上記のみとなっておりますので、ご注意ください。

※無塗装品の仕上げは、超仕上げとサンダー仕上げからお選びいただけます。
塗装品の場合は、超仕上げでは塗りにムラが出てしまうため、サンダー仕上げとなっております。
※造作材の裏面はプレナー仕上げです。

無節

無節

節が全く無い、最上級品です。
無節特選上小節込

無節特選上小節込

基本は無節ですが、直径6mmくらいまでの生き節が稀に入ることがあります。

まとめ

以上が、節の大きさや数による当社製品の等級づけに関する大まかな説明になります。
他にも木目の形(板目と柾目)、杉の場合は赤みや白、源平などの色味の違いなど、木材の価格は様々な要素によって変わってきます。
寸法に関しては、厚く広く長くなるほど価格は上がり、特に無垢の幅広板は大径木からしか取れない希少品のため、大変高価になる場合があります。

ご希望の樹種・寸法・等級・用途などをお伝えくださいましたら、当社にてお見積りさせていただきます。
また、ご予算がお決まりの場合は、ご予算と用途に合わせた内容を当社からご提案させていただくことも可能です。
まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせ

ご不明点などございましたら、こちらのメールフォームからのお問い合わせの他、 お電話でのお問い合わせも承っております。
TEL.0744-42-2124(平日9:00~17:00)